さざんか荘特別養護老人ホームでは、35床での介護サービスの提供を行ってきましたが、平成25年4月1日より15床の増床を行い50床での介護サービスの提供を開始します。特養待機者の解消に向けた取り組みの一環です。

 現在介護サービス受給者は、在宅で314万人、施設で89万人(うち特養47万人)と言われ、介護の現場を取り巻く環境は、地域・家族間の繋がりの崩壊、「介護地獄」(老老介護・認認介護、独居高齢者の孤独死、介護離職等)が社会問題になる中、我が国が高齢者福祉施策として掲げる「科学的介護」(認知症ケア・リハビリテーション・口腔ケア・看取りケア)の取り組みが緊急の課題となっています。

 このような情勢の中で、私たちさざんか荘の果たすべき社会的役割は重要なものであると認識し、地域の介護ニーズに応え良質な介護サービスを提供することを第一として、これからの運用を行なっていきたいと考えています。これからもさぬき市、東かがわ市の地域の皆様の生活の一助となれるよう職員一同努力してまいりますので、温かい御支援、御声援をよろしくお願いいたします。

新居室

新居室

新居室

新居室

新居室

新居室

静養室

静養室