鯛の混ぜ寿司

今年新年あけましておめでとうございます。
今回はおめでたい魚“たい”を使った混ぜ寿司をご紹介します。
手間がかかりそうなお寿司ですが、市販の混ぜ寿司用の具を使うと簡単にできますよ。
混ぜ寿司に、お好きな焼き魚を混ぜ込むと、普段とはひと味違う香り豊かな一品に仕上がります。
忙しい年末年始ではありますが、手作りの味を家族みんなでお楽しみくださいませ。

« 材料 »
米 3合
酒 40cc
鯛(3枚卸) 1枚(1/2匹分)
混ぜ寿司用の具 3合分
錦糸卵 適量
きざみのり 適量

<<合わせ酢>>
酢 70cc
砂糖 60g
塩 6g
  1. 炊飯器に洗った米と酒を加え、寿司飯用目盛りに合わせて水を入れ炊飯します。
  2. 鯛に軽く塩をふり、焼き目がつくまで焼き、皮や骨を除きながら荒くほぐします。
  3. 炊きあがったごはんに合わせ酢を、鯛、混ぜ寿司用の具をまんべんなく混ぜ込みます。
  4. 混ぜ寿司に錦糸卵やきざみのりを飾ればできあがりです。

鯛は荒くほぐすと、見た目が豪華になるうえ、食べごたえもあります。
そのため、召し上がる方のかむ力が弱い場合、鯛を細かくほぐし、
ごはんも少し 軟らかめに炊きあげると食べやすくなりますよ。
家族みんなが笑顔で召し上がれるように、ポイントを押さえて作ってみましょう!鯛の混ぜ厨司

≪1/6量あたり≫
エネルギー:442kcal
タンパク質:13.2g
塩分:2.2g