さあ、屏風の虎を追い出して

 さざんか荘に津田町の「にわか一座」の方々が演劇慰問のために来園されました。毎回趣向を凝らした演劇を行っていただいていますが、今回は皆さんにも馴染みのある演目「一休さん」を演じていただきました。「和尚さんと水飴」、「このはしわたるべからず」、「屏風の虎」等の有名な一休咄を面白おかしく演じていただき利用者の皆さんにも大変好評でした。小道具、大道具、衣装どれも丁寧に作り込んであり、利用者の皆さんと職員が趣向を凝らした演劇を見る貴重な機会となっており、早くも「にわか一座」の皆様の次回の来演を心待ちにしています。

次の記事

ひなまつり見学