さわやかな風が吹き抜ける季節となりました。新年号が発表され、新しい時代が始まるようで気持ちも引き締まります。今回は4月から6月が旬の“そら豆”とえびを使った天ぷらを紹介します。そら豆はさやから出すとすぐに硬く劣化してしまうので、新鮮なさや付のものを選ぶことがポイントです。また、新玉葱を加えると甘みが出て、違った味を楽しむことができます。
産直などを巡ってみると、その土地の旬の食材にたくさん出会えます。積極的に旬の野菜や果物を取り入れて、疲れにくい体づくりをしましょう。
【材料】作りやすい分量
・そら豆(さやから出した状態) 200g
・むきえび 100g
・天ぷら粉 適量
・揚げ油  適量

    作り方
  1. そら豆は薄皮に1㎝ほど切り目を入れ、塩(分量外)を適量入れた熱湯で約1分茹で、実を傷つけないように薄皮をむく(そら豆は煮崩れしやすいので、茹で時間に注意する)
  2. えびは軽く洗い、ぬめりを取る
  3. 天ぷら衣を固めに作り、そら豆とえびを入れてざっくり混ぜる
  4. 180℃に熱した揚げ油の中に3を適量静かに落とし入れ、火が通るまで揚げる
  5. 油をよくきり、お皿に盛り付ければ完成です塩や天つゆなど、お好みの調味料でお召し上がりください
全量
エネルギー:766kcal
タンパク質:49.1g
塩分:3.0g